障害者の就職はどうすればいいのか

障害者といっても人によって症状は様々であり、それら障害によってなかなか就職できないといった人はかなり多いはずです。

しかし少しずつではありますが、社も障害者を受け入れようと企業の就職支援は行われています。まず障害者雇用率というのがあり、以前までは1.8%でしたが2.0%まで上げられ企業も障害者を雇うことに積極的になっています。

この障害者雇用率を満たさない企業には納付金の支払いを命じています。少し強制的ではありますが、障害者が就職しやすいように社会も少しずつ変わってきているということです。

またトライアル雇用という制度もあり、障害者の雇用に不安を感じている企業も少なくありません。その不安を解消するために実際に障害者を企業に就職させて一緒に働く事ができます。

そして不安が解消できればそのまま障害者はその企業に就職できるという制度です。トライアル雇用の対象となる障害者はハローワークに登録していることが条件となりますので、就職希望の障害者はハローワークに登録しておきましょう。

障害者の人の中には企業に就職してもなかなか仕事に慣れる事ができずに結果的に辞めてしまうという障害者も少なくありません。そういった場合に活躍してくれる味方がジョブコーチです。

ジョブコーチとは障害者が就職した際に、障害者が仕事に慣れるまでを完全にサポートしてくれるという職場のプロになります。ジョブコーチはハローワークに依頼すると派遣してもらうことができます。通勤から退社までサポートしてくれ、力強い味方になってくれますので活用していきましょう。

障害者のための就職ガイド

サブコンテンツ

このページの先頭へ